IMABARI JAZZ TOWN   

今治ジャズタウンについて

 
「港町にはJAZZがよく似合う…」 

1999年8月にしまなみ海道の開通を記念して始まった今治ジャズタウンは、たくさんの皆さまのご協力のおかげで、延べ18回開催してまいりました。
「タウンステージ」は市民の皆様が集まっているお店にミュージシャンが出向いて演奏するスタイルで、2016年(第18回)は8月中の土曜日4回、全12会場で開催しました。
フィナーレとなる「メインステージ」はミュージシャンが集まっている会場にお客様に足を運んでいただく、3時間あまりのコンサートです。
企画運営はJAZZをこよなく愛する今治市民による実行委員会で、プレイベントの実施~広告宣伝~チケット販売~会場運営まで、たくさんのボランティアの方々にご協力いただいて実施しています。そして、今治市をはじめ、地元企業のみなさまにも多大なご支援をいただいています。

港町今治の夏になくてはならないJAZZイベントとして、これからも永く続けていきたいと思います。

2017年8月も今治ジャズタウンでお会いしましょう!! 


 ~これまでの歩み(ダイジェスト)~

★2016年★
第18回。「8月はジャズタウン月間」と称して、よりたくさんのお客様に楽しんでいただくためにタウンステージを【8/6(土)】【8/11(木・祝)】【8/20(土)】【8/27(土)】の4回に分けて12会場で開催した。8/28(日)は高校生、大学生のフレッシュなウェルカム演奏に続いてメインステージが開幕♪ 特別ゲスト「豊田チカ」さんは亡き父:大橋巨泉さんの思い出を織り交ぜながら、豊かな歌声で満員の会場をあたたかく包んだ。

2016年ポスターテーマは 「みきゃん」

2016年ポスターテーマは 「みきゃん」


 
★2015年★
第17回目の今治ジャズタウンのテーマはShall we Jazz ? 8/22(土)、タウンステージは市内12ヶ所で開催。市内中心部では夜遅くまでJAZZに酔いしれた。8/23(日)メインステージはトッププレーヤーの演奏に続き、特別ゲスト「尾藤イサオ」さんが登場。「あしたのジョー」など往年の名曲を若々しく熱唱した♪フィナーレはポスターに協力いただいたダンサーのみなさん、お客様みんなで踊りながら、華やかに締めくくりました。
ƒ2015年ポスターテーマは Shall we Jazz ?

ƒ2015年ポスターテーマは Shall we Jazz ?

★2014年★
天候不順の夏だったが、ジャズタウンWEEKは無事晴れて予定通りに開催できた。タウンステージは初開催となる「マリエール今治」を含めて市内12ヶ所で開催。創部50周年となる東京経済大学Swing Echoes JOは学生らしいフレッシュなサウンドを奏でた。特別ゲストは男性ジャズボーカリスト「木津ジョージ」さん。渋い歌声とユーモラスなトークでお客様の心をつかんだ。

ƒ2014年ポスターテーマは「グレン・ミラー物語」

ƒ2014年ポスターテーマは「グレン・ミラー物語」

★2013年★
第15回目。初日のタウンステージ、荒天のため「千年松」会場が中止に(史上初)。出演者は急きょどんどび商店街に移動して演奏してもらった。メインステージは杉本篤彦グループ・猪俣猛ジャズテットなどお馴染みのアーティストが登場。特別ゲストはスイングピアノの第一人者「秋満義孝(p)」さん。軽快なタッチで優しいメロディーが会場に響いた。ラストセッションではポスターのモデルに採用された今治のゆるキャラ「バリィさん」も登場して盛り上げた。

2013年ポスターの主役は「バリィさん」

2013年ポスターの主役は「バリィさん」


                         
★2012年★
第14回目の今治ジャズタウンは天候にも恵まれ、タウンステージを市内12ヶ所で、メインステージは和泉宏隆トリオ・向井滋春クインテット・猪俣猛ジャズテットなどお馴染みのアーティストが登場。特別ゲストの「団しん也」さんは歌はもちろん、持ち前のモノマネも披露し会場は笑いに包まれた。
2012年ポスターテーマは「嵐を呼ぶ男」

2012年ポスターテーマは「嵐を呼ぶ男」

★2011年★
この年は今治ジャズタウン関連の全てのイベントで東日本大震災のチャリティー活動を実施。メインステージでは杉本篤彦グループ、向井滋春クインテット、猪俣猛ジャズテットなどトップアーティストが熱演。特別ゲストは「サーカス」。美しいハーモニーで会場を魅了した。

2011年ポスターテーマは「クレオパトラ」

2011年ポスターテーマは「クレオパトラ」

★2010年★
タウンステージは過去最多の市内14カ所で開催。メインステージは元「T-スクェア」のピアニスト、和泉宏隆や若き天才トランペッター、曽根麻央が初出演。特別ゲストは「雪村いずみ」。若さ溢れる歌声に酔いしれた。また、猪俣猛とその門下生3人によるドラムバトルも圧巻だった。

★2009年★
メインステージの会場を「今治市公会堂」から「テクスポート今治」へ移す。リラックスして楽しんでいただけるよう飲食や物販のブースも用意した。特別ゲストは「伊藤ゆかり」。華やか、かつ贅沢なラストセッションとなった。タウンステージは市内13カ所で開催。

★2008年★
開催10回目を迎え、千年松、マリンオアシス伯方など、市内10ヶ所でタウンステージライブを開催。メインステージには、国内最高のアレンジャーであり、名ピアニストの「前田憲男」を招聘。ゴールデントリオ「WE3 ウィスリー」の演奏をはじめ、幻のビッグバンド「猪俣猛 The3rd」も再現。

★2007年★
初登場の「川上さとみトリオ」「ジャズ・ラティーナス・ムヘーレス」などが好演。「猪俣シクステット」とジョイントの揚琴奏者「金 亜軍」も大好評だった。

★2006年★
吉海町千年松、伯方町マリンオアシスはかたなど市内各所で開催。
出演者「猪俣猛オールスターズ」など、特別ゲストとして「尾崎紀世彦」。
新しく「高校生ジャズフェスティバル」の開催。

★2005年★
今治市合併記念ということで、関前や菊間町でも開催。
出演者「猪俣猛オールスターズ」など。特別ゲストとして「小林桂・小林洋」。
新しい取り組みとし「今治スウィングガールズ」と「市民ゴスペルグループ」が出演。

★2004年★
2005年の合併を控え、吉海町ローズ館、大三島町教善寺などで開催。
出演者「猪俣猛シクステット」「タイムファイブ」「向井滋春」ほか特別ゲスト永六輔氏。

★2003年★
今治市以外で初のライブ 吉海町ローズ館、四国電力など
出演者「猪俣猛フォース」「向井滋春クインテット」「小林桂」
「NEW ABEBEALLSTARS」他

★2002年★
初の船上ライブ、黒住教、カトリック今治教会など、異例の場所もトライ。
市公会堂、市民会館出演者「猪俣猛セクステット」「向井滋春クインテット」
「伊藤君子グループ」「峰厚介カルテット」他

★2001年★
メイン会場を初めて「市民の森」野外ステージ、市内各所
出演者「猪俣猛ジャズオールスターズ」「ケイ赤城トリオ」
「タイムファイブ」他

★2000年★
今治市主催での第1回目。市民会館、市公会堂、市内各所
出演者「THE KING」「辛島文男トリオ+原朋直」「猪俣猛セクステット」他

★1999年★
瀬戸内しまなみ海道架橋記念イベントとして、今治城、市内各会場(愛媛県主催)
出演者「エリントンフォーエバー」、「ケイコ・リー」他、海外、国内ミュージシャン多数。

ホーム